IMG_1470

Posted by & filed under その他.



10年近く使っていた腕時計がとうとう壊れまして、しばらく時計なしの生活を続けていました。仕事でちょっと時計のない場所に行く用事があったので、何か適当な時計はないもんかと探していた所、一目惚れに近い形で発見したのが「TIMEXウィークエンダーセントラルパーク」。
コスパが良いのもそうなんですが、ミリタリー系ウォッチの枠を越えたカスタマイズ性が魅力です。早速届いたのでレビューしてみます。

 

 

IMG_1453

 

 

 

伝統のアメリカメーカーTIMEX

TIMEXといえば、別シリーズのものをアメリカ大統領がしていたことで日本でも一時期有名になったブランド。基本的に高級腕時計の枠からははみ出ますが、実用的でリーズナブルなものが多いのが特徴でしょうか。

特にこのTIMEX ウィークエンダーセントラルパーク」シリーズは2011年から発売され、シンプルな盤面と文字盤全面発光機能「インディグロナイトライト」が特徴です。


僕がこの時計に惚れたのは黒い盤面に赤い秒針のシンプルでも見やすい盤面と、すぐダメになりがちなベルト部分を簡単に変更できることです。


AMAZONで¥4775で購入。ウィークエンダーセントラルパークは盤面が白、黒、グレーとあり、さらにベルトのカラーが複数あります。
もちろん替え用のベルトも売っているので、TPOにあわせてベルトデザインを替えてしまうってこともできます。ここが決め手になった1つの要因。

さてさて早速開封。
箱もしっかりしていて良いですね。

IMG_1460 (1)

 

 

 

時計自体の質感はちゃちい感じはないですね。盤面が白いオーソドックスなタイプや、グレーなどもあったのですが、秒針の赤に惹かれブラックを購入。仕事で使う事も想定して、ベルトも黒です。

IMG_1461

 

 

メンテナンスが高いベルトの装着部

ベルトはナイロン製で素材自体への加工はほとんどされていないので、それなりです。
穴が大きくなったりよれたりはしやすい印象。
ただ交換しやすい設計なので、ダメになったら交換しちゃえって安心感はあり。もともと兵隊さんの使っていたものだからナイロンベルトは使い捨て想定らしいですね。

本体とベルトは留め具があるわけではなく上下に紐を通すような間隔で装着します。
この独特な機構がこの時計のメンテナンス性を高めています。

 

あと、ベルトは上でも下でもどちらからも通せますので、右利きも左利きも装着感が変わりません。

IMG_1464

 

 

 

本体金属部分が直接肌に触れないので、冬の時計した時のヒヤッっとした冷たさを味あわなくてすみます。

IMG_1462

 

 

夜も安心「インディグロナイトライト」

LEDのバックライトはリューズを押すと全面が青く光ります。
といってもかなり弱い光なので暗闇でも無い限りは使う用途はなし。
必要最低限な機能ですね。あまり電池を使わなそうな感じなのでそれはありがたいですが。

IMG_1465

 

 

気になるところ

AMAZONレビューにも書かれていますが秒針の「カチッ、カチッ」という音はやや大きめ
個人的にはあまり気になりません。

基本はプライベートで付ける予定ですが、盤もベルトも黒にしたので仕事に付けて行ってもそんなにおかしくないかなと思います。もちろん値段相応ですし、ベルト部分をテイストと見るか、チープさと見るかは人によると思います。

 

 

まとめ

ミリタリー時計の系譜なので防水などはないものの作りはかなりしっかりしていますし、ナイロンベルトのチープさも逆にこういう時計の味とも言えます。なにしろ値段が安くてこのレベルなら満足度は高いです。

さらにベルトを取り替えれば時計自体の雰囲気もガラリと変わりますので、それが他の時計にはない魅力になっています。

替えベルト(NATOストラップ)は早速買いましたので届いたらまたレビューします。

 

あなたの腕時計をNATOストラップで着替えよう

 

 

 

 


Leave a Reply

  • (will not be published)