IMG_7874

Posted by & filed under グルメ.



都内でも指折りのチャーハンの旨い店が近所にあると聞いて早速行ってきました。場所は神楽坂駅裏の「龍朋」。神楽坂に住み着いて、はや6年。この地域飲食店が多すぎて、開拓してない店なんて星の数ほどありますが、この「龍朋」はもっと早く行っていれば良かったのにと本当に後悔。

 

 

 

 IMG_7876

 

 

お店の場所は東西線神楽坂駅矢来町の出口から徒歩1分。本屋の横の路地を曲がるとすぐのところです。以前から店自体は知っていたのですが、入るまでには至らず何年も経過しちゃってました。

 

 

店内はテーブルのみの古びた喫茶店のような作りで中華屋の雰囲気は、壁に貼ってある手書きメニューで知ることが出来る程度。周りを見渡すと常連さんからファミリー、主婦のグループまで様々な客層で賑わっています。かなりの確率で皆さんチャーハンを注文している様子。こりゃ期待度大ですね。

 

 

迷うこと無くチャーハンを注文。
誰が言ったか知りませんが「チャーハンの出来で、その店のクオリティがわかる」なんてことよく言われます。これ、70%くらい僕自身信じていて、作りおきのチャーハンは問題外、味付け、パラパラ感などお店によってチャーハンの味もかなり差があり、チャーハンが美味いと他のものも頼んでみようという気になります。

さて、都内でも美味いと評判のチャーハンということで不味いことはないでしょうが、自分の好みに合うかどうか。前評判のせいでハードルが上がっちゃって若干心配。

 

 

いくらも待たずにチャーハン&スープの到着。
こんもりとドーム状に盛られた米と表面を見ただけでもわかるほど多めのチャーシューが食欲をそそります。

レンゲをスープで湿らせていざ実食。
砂場の山を崩すようにご飯の山をこそげ取りながら食べ進めます。チャーハンてこれが楽しいよね。

 

 

味はというと、口に入れると醤油の焦げた香ばしい感じがして、中華テイストというよりは和風な面持ち。卵とネギ、そしてチャーシューという具も相まってシンプルな旨味が際立ちます。単純だけど美味い。
IMG_7875

 

 

ここのチャーハンが美味いといわれる所以の一つだと思われるのが、山盛りに入った角切りチャーシューの「大きさ、多さ、柔らかさ」この3つを兼ね備えているからに違いない。

ご飯の隙間からゴロゴロした茶色の物体が無数に顔を出して、こちらを挑発。一般的な店よりもその肉の多さと大きさが目立ちます。
米と一緒に肉の塊を口の中に入れると、ホロホロと肉の繊維が崩れて行くのがわかります。噛み締めないと肉の旨味が出てこないチャーシューと違って、かなり柔らかい。米や卵と食感があって、あっという間に食べ進めることができます。

チャーハンは好きで食べるんですが、確かにここのチャーハンは激ウマですよ。よる11時くらいまでやっているので、飲みの〆にも最高です。

 

 

龍朋

[map addr=”東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル B1” width=”400px” height=”320px”]
住所:東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル B1
定休日:日曜日
月~金:11:00~23:00
土:11:00~22:00

 

 


Tags:

Leave a Reply

  • (will not be published)