名称未設定

Posted by & filed under iPhone.



ちょいネタです。「あとで読む」サービスの代表的アプリ「Pocket」でChromeとの連携機能が気持ちいいのでご紹介。アプリ間の行ったり来たりが楽になりましたよ。

IMG_8184

Pocketのver4.31で実装された機能のようですが、Pocketに入れたページをChromeで開いてみると、いつものChromeの戻るボタンが「Pocket」ボタンに変わっているじゃあありませんか!

 

 

やり方

PocketからChromeを開くには左下のボタンをタップ。

 IMG_8185

 

 

よく使う機能の一覧が出ますので「Google Chrome」をタップ。デフォルトではおそらく表示されていないと思うので、その場合は「More」からChromeを選択してください。2回目以降TOPに表示されるはずです。

IMG_8186-1

 

 

 

画面が反転してChromeのアプリが立ち上がりました。普段は戻るボタンがある場所が「Pocket」になります。

IMG_8187

 

 

 

ボタンを押すとPocketに戻ることができちゃいます。通常Pocetに戻る場合、ブラウザアプリを閉じ→「Pocket」を開き直す必要がありましたが、この煩わしさが軽減されます。
内蔵ブラウザを使うわけではないので、Chromeの他のページもそのまま見ることができますし、その他操作もChromeのものを使うことができるので非常に便利。


僕の場合ページに対してブックマークレットを使いたいときは「Safari」、
閲覧やその他操作は使い慣れた「Chrome」というふうにざっくり使い分けています。

 

 

まとめ


現在のバージョンは4.5でシェアできるサービスが増えているようですね。自分が使っているサービスだとBufferなんかもありました。ただ、エラーが出るなどの不具合もあるようなので、ご注意を。   

 

 

Pocket (Formerly Read It Later) 4.5(無料)App
カテゴリ: ニュース, 仕事効率化
販売元: Idea Shower – Idea Shower(サイズ: 13.6 MB)
全てのバージョンの評価: (1,845件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応


Leave a Reply

  • (will not be published)