IMG_3113

Posted by & filed under 写真.



軽い&多彩な機能が満載のミラーレス一眼。ここ数年で沢山の種類が販売されました。今年もアンドロイド搭載機やフルサイズミラーレスなど話題には事欠かないミラーレス一眼ですが、その楽しみかたの一つに「オールドレンズで撮る」って方法があります。僕もオールドレンズの魅力に取り憑かれた人間の一人。最新のデジカメと古いレンズの組み合わせだけでもワクワクものですが、実際撮れる写真は写真の楽しみを広げてくれます。

 

 

オールドレンズの魅力


オールドレンズはデジカメでは当たり前のAF(オートフォーカス)が効きません。MF(マニュアルフォーカス)で撮影することになります。自分で絞りや焦点を合わせる手間のかかる方法に、わざわざ変更しなくてはなりません。

要は普通に使うよりも不便であるってことですね。

 

レンズってそのひとつひとつに特徴があって、そのレンズじゃないと出せない味ってものがあります。オールドレンズの魅力を一番に語れといえばその個性。

今のレンズはAFで、手ぶれ補正もあったりして精度は抜群です。手堅くしっかり撮ることが可能です。
その反面出来上がる写真が予想できちゃう。

その点オールドレンズは精度も高くないのでフォーカスが甘くなったり、白飛びしちゃったりとクセが強いものが多い。でもそれが味になったり、予想の付かないものが撮れたりと写真の意外性を生み出してくれます。もっと味のある写真が撮りたくなったらオールドレンズがその希望を叶えてくれますよ。
IMG_3071

 

 

 

ミラーレスとオールドレンズは相性抜群


ミラーレス一眼はオールドレンズと非常に相性がいいと言われています。
僕の持っているNEX-5Nでいうと、

 

  • フランジバックが短い
  • 拡大・ピーキング機能が備わっている
  • マウントアダプタが豊富

等が挙げられます。

 

・フランジバックが短い
簡単に言うとレンズ装着面からイメージセンサーまでの距離が短い事なんですが、ここが短いとマウントアダプタを使ってもレンズの本来の機能に影響が出にくくなります。
長い物を短くするのは難しいけど短い物を長く調整するのは簡単なので、短いほうがオールドレンズを使うには有利に働きます。

 

・拡大・ピーキング機能が備わっている
撮影する時に被写体をアップにしてモニターに表示できる拡大機能は、その被写体にちゃんとピントがあっているか確認するのに必要です。
ピーキング機能というのはフォーカスを合わせる時にシャープな部分にモニター上で色を付けてくれるという機能。これがあるとどこにピントが合ってるか確認しやすくなります。※この機能がないカメラもあります。

 

・マウントアダプタが豊富
レンズと本体を合体させるハブの役割をするのがマウントアダプタです。発売されている各メーカー用のマウントアダプタの種類が多ければ接続できるレンズも増えるというわけ。

 

 

まずは実家を掘り起こせ!


ミラーレスを買ったは良いもののオールドレンズをどうすればゲットできるのか。まずはお父さんやお爺さんに古いレンズがないか聞いてみましょう。僕の場合、父親がカメラ好きだった関係で昔のレンズを何個か譲り受けたのがきっかけ。うちの父親は団塊世代ですが、この世代は結構カメラにはまった人が多くて、いまだにカメラを保管しているケースがあるようです。今も昔も高い買い物ですからね。

 


この放っておけば使い道のないオールドレンズがミラーレスでよみがえらせることができてしまうんです。これを使わない手はありませんよ!!
IMG_7016

 

 

 

中古レンズ屋で探そう


まだオールドレンズユーザーじゃない場合。高いレンズじゃなくても全然いいので、とりあえず買ってみましょう。探せば色んな所に中古カメラのお店があります。レンズを自分でクリーニングまでする気があるならジャンク品なんかでも使えるやつがあります。ジャンクレンズはレンズにカビや変色がある場合もありますが、むしろそれが味といってカビ生えたまんま使っている方もいるらしい

 

レモネットストアー〜株式会社レモン社(ライカ・フォクトレンダー:中古カメラ・買取:万年筆:東京・銀座)〜

 

株式会社 フジヤカメラ店 – カメラ・レンズ・三脚の販売と買取りの専門店 1938年設立 –

 

 

マウントアダプタもゲットしよう

何らかの方法でオールドレンズをゲットできたとします。ここからが少しやっかい。レンズを手に入れたら絶対に必要なのがマウントアダプタです。

マウントアダプタはその名の通り、カメラ本体とオールドレンズを装着させるためのもの。カメラはメーカーによってマウントと呼ばれる接続部分の形状が異なります。

僕の持っているNEX-5Nの場合Eマウントという規格なのですが、ここにニコンレンズを装着したくてもニコンはFマウントなので装着できません。自分の手に入れたレンズがミラーレスに装着できるかどうかはマウントアダプタ次第。

例えばM42マウントのレンズをNEXに装着する場合、その2つをつなげてくれるNEX→M42のマウントアダプタが必要です。アダプタは沢山種類があるので大抵のレンズは装着出来ますが、中には装着できないものも存在しますので、事前に確認しておきましょう。マウントアダプタについては今後また説明したいと思います。

 

 

 

まとめ


レンズもマウントアダプタも揃ったらあとはじゃんじゃん写真を撮りまくるだけ!マニュアル操作は慣れるまで大変ですが、レンズをクイクイっと絞ったり、フォーカス合わせたりする手間が逆に楽しいです。

今まで撮っていたものとは雰囲気の違う写真が撮れますので、レンズの味を楽しみながらカメラライフをエンジョイしてください!!

 

 

 

告知
Google+コミュニティで「カメラ好き」というコミュニティを立ち上げました。現在コミュメンバー118人!!スマホカメラやコンデジ、一眼レフなど写真が好きなら誰でも参加OK。ちょっといい写真が撮れたけど誰かに見せたいな。撮影スポットにいい場所がある!などなどカメラや写真を絡めた話題に興味がある方は参加してみてください。

 Google+コミュ「カメラ好き」

 

 

 

現時点で一番欲しいカメラ。フルサイズでこの価格感はすごい。
ミラーレスでフルサイズとか。どんどん時代は進んでますねぇ。

 

 

 

 

 


Leave a Reply

  • (will not be published)