A4-t

Posted by & filed under その他.




今年に入ってから友人の誘いで、リアル脱出ゲームに参加しています。
常設型に2回(本屋迷宮からの脱出)、その他2回。クリアはゼロ。攻略すること自体難しい脱出ゲームで、今回やっと初脱出成功しました!!ってことで、実体験に基づく、脱出するために役立ちそうな5つのコツを書きだしてみました。

 

 

 

今回は原宿で行われている『マグノリア銀行からの脱出』に参加してきました。

 A4-t

 

 

 

リアル脱出ゲーム OFFICIAL WEB SITE | マグノリア銀行からの脱出 全国ツアー – 公演情報

 

 

誰もが一度はハマった謎解き

小学校の時に図書館に行っては児童書のなぞなぞブック的なやつを読みあさったり、書いてて思い出しましたがファミコン探偵倶楽部とか謎解き系のゲームにいそしんだ少年時代。
こういうものに無心で取り組んでいたような気がします。少年少女は謎解きが好きなのです。思い出せないぐらい昔は、結構そうやって謎解きに接する機会が多かったように思いますが、大人になると全くといっていいほど頭を使うチャンスがないというか。やったとしても頭脳系のクイズ番組で、謎を解いて自己満足してみたりぐらいのもんです。

そんなこんなで20数年経って、よもや小学生時代に夢中になっていた謎解きにまた挑戦するとは。
わかった事は、少年少女の専売特許かと思っていた「謎解き」は実は大人も大好きでした。とはいえ、少年が解けるレベルの謎解きとはもはや次元が違うのが「リアル脱出ゲーム」。

 

 

 

『マグノリア銀行からの脱出』とは

我々は銀行強盗です。閉じ込められてしまった銀行から、60分以内に謎を解きながら脱出するのがミッション。
もちろん強盗の天敵である警察も登場して、どんどん追い詰められて行きます。警察の包囲網をくぐり抜け、謎を解き、脱出に必要な言葉を見つけ出せればクリアとなります。

 

 

あなたたちは、マグノリア銀行に忍び込んだ高名な盗賊団。 計画はすべて順調 数々の警備システムを突破し、機密文書の眠る金庫の前にたどり着いた 残るは、金庫を破るだけ—- しかし、そのとき!!!!館内に警報音が鳴り響いた!!!
迫り来る警備員の足音 次々にロックされていく扉 最新の警備システムがあなたたちを完全に閉じ込めてしまった!
60分以内にすべての警備を突破し、機密文書を盗み出さなければ、捕まってしまう!!!
さあ、あなたたちは銀行に仕掛けられたすべての謎を解き明かし、この銀行から脱出することができるだろうか!!!

 

 

チームを組んでやるゲーム

このゲームは6名1チームで同じ謎を解いていきます。カップルや友達と参加となれば必然的に知らない人とチームを組むことになりますのでコミュニケーションが重要。ゲームが開始される前にちゃんと会話をしておきましょう。

今回、僕はリアル脱出ゲームにはまっている幼馴染夫婦と3人で参加。
そこに謎解きは4回目という女子3人グループと合流。これは頼もしいし、やる気満々です。

1人を除き全員経験者でしたが、まだ誰もクリアしたことがないチームでの挑戦です。

 

 

脱出するための5つのコツ

ネタバレは厳禁なんで、細かい内容は言えないんですけど、それもつまらないんで攻略のコツなんぞを。

  • 役割分担をしっかり。
  • スマホorタブレット(カメラ機能)は必須
  • 付箋は必須
  • 素直な気持ちで向き合う
  • 最後まで諦めない

 


役割分担をしっかり
今回のもそうでしたが、だいたい時間制限があります。そして閉じ込められた部屋には謎が散らばっています。情報を集める人、まとめる人、謎を解く人としっかり役割を決めておくと、前半の問題をスムーズに解くことができます。謎は沢山あり、後半へ進むほど難しくなりますから、ここでの時間のロスは命取りになります。ゲームが始まる前にしっかり話しあっておくとベストです。

 

スマホorタブレット(カメラ機能)は必須
部屋の様々な場所に謎やヒントが散らばっています。それは意味不明な文字だったり、絵だったり。それを写真で撮り、みんなのところに持ち寄り共有すると効率がいいです。
その際タブレットだとみんなが見やすいのでオススメ。

 

付箋は必須
これは今回組んだ女子グループが持ってきていて、なるほどと思ったもの。一応チームのテーブルにはメモ用紙があるんですが、進捗を書き込んだり、問題を書いて並べ替えたりするのに付箋のほうが断然便利。情報共有もしやすく非常に便利です。

 

素直な気持ちで向き合う
これはどういうことかと言いますと、謎を解くヒントは色々なところにあるのですが、あまり勘ぐりすぎると、謎の本質とは外れて泥沼にはまってしまうケースがあります。与えられたヒントをしっかり整理すれば解けるはずですので、裏の裏を読み過ぎないように。

 

最後まで諦めない
時間が残り少なくなっても決して諦めてはいけません。最後の方は本当に難問です。わけわかんないです。考えても全然わからなくて、色々試すのですが無駄に時間が過ぎていきます。
ですが、全員が同じ問題に向き合ってああでもないこうでもないと言い合っていると、一瞬のひらめきみたいなものをポッと発言する人がいたりします。そうなると意外とすんなり解決の糸口がみえたりするので最後の1秒まで諦めてはいけません。
思考をやめた時負けが決定してしまうのです。

 

 

以上を踏まえて挑戦した結果、見事クリアすることが出来たのです。
特に今回は最後の5分くらいまで悩んでからの閃き!!って感じだったので最後まで諦めないは非常に強く感じた部分です。

 

 

まとめ

今回は無事謎を解き、銀行から脱出することが出来ました。ぼくらの回は17組中2組が脱出に成功。
ゲームの難易度にもよりますが、大体1ゲーム1組ぐらいが成功するようです。

クリアすること自体が難易度高いので、脱出できない悔しさは次回の脱出ではらそうと思ってしまうあたり、上手い仕組みだなぁなんて思ってしまいます。

 

 

 

タブレットあると捗ります。iPadminiとかKindleあたりのサイズが取り回しやすいかも。

 


Tags:

Leave a Reply

  • (will not be published)