IMG_8064

Posted by & filed under グルメ.



ランチを亀戸で食べることになったので、ラーメンでもと思って探すと、駅前に二郎インスパイア系の「慶次郎」というラーメン屋を発見。ワサマヨなるトッピングがあるがっつりジャンク系のラーメンでした。

 

 

IMG_8004

 

 

 

亀戸というと藤や学業で有名な亀戸天神があったり、グルメだと中華の有名な「菜苑」、くず餅で有名な「船橋屋本店」、亀戸ぎょうざや亀戸大根なんかもあり、地味にグルメスポットでもあるエリア。

ラーメンだと亀戸二郎もある、隠れた二郎系エリアでもあるようです。その中で今回チョイスした「慶次郎」は駅からすぐのとてもアクセスしやすい場所に店を構えていました。

亀戸駅前ターミナルの脇に亀の噴水がある公園があります。その脇の路地を入ったすぐに「慶次郎」があります。

 

 

店内に入るとカウンターのみ6席。相当な狭さです。
コールメニューは、にんにく、アブラ、野菜増し400g、増し増し600g、ワサマヨ、中盛り300g。

ちょっと久々の二郎系なので豚そば並盛り200g¥700を注文。
コールは仕事のことも考えにんにくにしたかったけど、気になったワサマヨのみ。
ワサマヨは読んで字のごとくわさびマヨネーズです。

 

 

10分ほど待つと着丼。

IMG_8057

 

 

 

並盛でもかなりな野菜の盛りですねぇ。もやしメインのキャベツ少々。その上にワサマヨがワイルドにふりかけられております。
IMG_8060-1

 

 

 

口コミに、ワサマヨもやしに卓上のカエシをかけて食べると絶品とあったので早速実践。スープが濃くなっても困るので、控えめに。確かに美味い!ワサビのツンとした辛味と甘味がゆでもやしにばっちり。このとっぴっングはマストですね。

麺は二郎系特有の太麺。モチモチよりもワシワシですが、ここのは煮ている時間が長めなのか、若干柔らかい。よりワシワシしたいなら硬めで注文するのがいいかもしれません。

IMG_8061-1

 

 

 

特徴的なのはスープ。背脂大量。甘みよりもストレートにカエシの塩辛さが口の中に広がって、やや濃い目の印象。背脂の甘味を考えての構成なのかな。この濃さがよりジャンキーな感じを醸し出していてこれはこれでアリです。ワサマヨで堪能し残ったもやしをスープに浸して食べる。ちょうどいい塩梅。

IMG_8058-1

 

 

 

チャーシューといえばいいのか角煮といえばいいのか、よく煮込まれた感がある豚肉の塊が2つほど鎮座しています。これがまたトロトロで、肉の繊維の歯ごたえがあまり無く、とても柔らかい。よく煮込まれているようです。

IMG_8059-1

 

 

ご飯もサービスだし、盛りもバッチリだし、ガッツリいきたい腹具合のときにはもってこいのお店です。
ワサマヨは耳慣れないので躊躇するかもしれませんが、個人的にはオススメです。

 

 
ラーメン慶次郎 亀戸店

[map addr=”東京都江東区亀戸2-20-2″ width=”400px” height=”320px”]
営業時間:11:30~15:00、16:00~23:00
年中無休

 


Tags:

Leave a Reply

  • (will not be published)