かぐらちゃか

自分だけのこだわり和風パフェを作れる!「かぐらちゃか」神楽坂


酒も好きですが、甘いものも大好きな筆者ですが、パフェも和菓子も大好きということで近所に大歓迎なお店ができました。和系パフェにカスタマイズ可能という、なんともテンションの上がるシステムを採用されている「かぐらちゃか」へ行ってきました。

 

 

すいません。今回写真少なめです。色々撮るの忘れてました。

神楽坂の坂を飯田橋方面から登って鮒忠さんの横の路地を曲がった所に最近できたお店「かぐらちゃか」はあります。
1階はカウンターで、2階はテーブル席。なんだか女性が多いですね。まぁ甘味処ですからね。
おっさんは場違い感がありますが気にしない!!

さて、このお店はパフェのトッピングがなんと28種類からチョイスが可能です。
かなり多いですね。これは選びがいがありそうだ。

設定は以下のとおり。

まずサイズを選びます。
Sサイズ トッピング6種 800円
Mサイズ トッピング8種 1,000円
Lサイズ トッピング10種 1,200円

 

そしてトッピングを選びます。
オーダーシート方式で選んだものにペンでチェックしていきます。
IMG_4891 (4)

  1. 寒天
  2. 抹茶寒天
  3. 黒糖寒天
  4. ミルクプリン
  5. 抹茶プリン
  6. チョコプリン
  7. コーンフレーク
  8. 赤えんどう豆(塩豆)
  9. つぶあん
  10. こしあん
  11. 生クリーム
  12. カステラ
  13. 抹茶カステラ
  14. 白玉3個
  15. 抹茶白玉3個
  16. きな粉わらびもち
  17. 抹茶わらびもち
  18. チョコわらびもち
  19. 自家製ミルクジェラート
  20. 自家製抹茶ジェラート
  21. ぎゅうひ
  22. みかん
  23. 栗の甘露煮とマロンペースト
  24. あんず
  25. 黒蜜 50円
  26. あられ 無料
  27. 季節のジェラート 250円
  28. 季節のフルーツ 時価

 

総勢28種類を好きなようにトッピングできるというなんとも贅沢で性格のでそうなシステムです。
大雑把にわけるとプレーン・抹茶・チョコが主体の味つけのようですね。
サイズ感がよくわからないのでとりあえずMを注文してみました。

 

 

和菓子系だとクリームあんみつが好物なので、
寒天と生クリーム、あんこは外せないとして、あとは食べごたえの有りそうなものをチョイス。
これは悩みがいがありますね。
黒糖寒天、ミルクプリン、抹茶プリン、つぶあん、生クリーム、白玉、わらびもち、抹茶ジェラートの以上8種を選びました。

 

箸休めに梅干しが出てきた後、しばらくしてMサイズ到着。
IMG_4894

 

 

8種類も入っているので具は盛りだくさん!!カップサイズはやや控えめでしょうか。
男性だと少し物足りないかもしれない。

選び方のコツも何も好きな物をトッピングすればいいんですが、アイスは2種類入れておいたほうが冷たくなって良さそうです。
僕は1種類しか選ばなかったので冷たさのバランスが少し悪い気がしました。プリン2個選んじゃったしね。

味自体は抹茶多めのチョイスもあり甘すぎなくて非常に食べやすかったです。白玉やわらびもちも柔らかくて美味い。
IMG_4893

 

 

 

こういう和風パフェだとかぐらちゃかからすぐの所にある神楽坂茶寮の和風パフェも有名です。値段も780円とコスパも良いので、
比べてしまうと値段設定が若干高いかなという気がしますね。Lサイズで1200円ですからね。
ただ、素材はしっかりしているし、最大の売りである好きなものだけを選んで自分のオリジナルが作れるという楽しさはありますね。

今回は抹茶主体だったけど、今度はチョコにしてみようとか、選んでない具材にしてみようとかリピートしたくなるような仕掛けではあります。

ちなみにかぐらちゃかのある通りは最近いろんなお店がオープンしてまして、「肉学肉寿司」や「casa Uokin」などテンション上がるお店が集中した、かなり熱いスポットです。

 

食べるものに好きにとって神楽坂はほんとパラダイスですね。

 

 

かぐらちゃか
東京都新宿区神楽坂5-32-3

 

 

 

amazonセールで発見したLEDライト。プラズマクラスターは全然信じてないですが、自動点灯LEDライト兼トイレの消臭としてはかなり興味のある一品。

 

 


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *