Posted by & filed under グルメ.



しばらく更新サボりまくってすいません。やっと更新できそうな環境が整って来ましたのでボチボチ再開したいと思います。

さて今回は2014年食べたラーメン屋さんの中でも上位のお気に入り店をご紹介します。春日にある「MENHO TOKYO」さんです。

 

 

 

IMG_3495

 

 

 

春日エリアも結構ラーメン屋が増えてきましたが、その中でも最後発のお店。麺屋庄のなどを手がけるMENSHOグループの運営です。ここのラーメンの特徴といえばラム肉が使われていること。 チャーシューはもちろんスープにもラム肉がふんだんに使われています。

アジア料理ではメジャーなラム肉ですが、日本ではラムチョップとかジンギスカンとかがせいぜいであまり肉自体に馴染みがないですよね。あの独特な匂いが苦手という人も多そうです。それが日本の国民食ラーメンとどうマッチするのか非常にチャレンジ的な感じがします。

 

さて、メニューはラーメンとつけ麺、まぜ麺と色々ラインナップはあれど、個人的にダントツなのがつけ麺!!

ここの粘度の高いトロッとしたつけ汁にモチモチっとした自家製麺がベストマッチ。 太麺ってだけでもかなり好みですが、ツルツル&モチモチな食感が本当に楽しい。 麺だけ食ってもかなり美味し!!

IMG_3490

 

スープの粘度が強く、麺も表面積が多いので、どっぷりつけるとどんどんつけ汁の量が減ってしまい、付ける量の調整が難しいなぁなんて思っていたら、つけ汁追加OKとのこと。 これはありがたい!!残量気にせずがっつりつけちゃえ!

 

 

チャーシューもオーソドックスな豚の他、ラム肉のサイコロチャーシューもゴロゴロと。 低温調理?されていて火は通っているのに身はしっかりとピンク色。 とっても柔らかいし、ラム肉の臭みも半減。よく噛めばラム肉の風味が鼻を通ってなんともオリエンタルな感じに。

IMG_3489

 

 

 

特筆すべきはラム肉だけにあらず。 味変のために用意された卓上の調味料類も独特なんです。
新次元の旨味をもたらしてくれる魅惑のマジック調味料なのです。

まずはほうじ茶パウダー。ほうじ茶の茶葉をミルで粉砕し麺にふりかけます。 ほのかな苦味とほうじ茶の香ばしくて清涼感のある風味がプラスオンされて、麺の雰囲気を変えてくれます。個人的にはかなり大量にふりかけるのが好き。

IMG_3492

もう一つは卓上にあるボトルに入った謎の黄色い液体。 これはなんとカルダモンの入った酢だそうで。 カルダモンというと日本人にはあんまり馴染みがない感じですよね。名前もインド料理のスパイスで出てくるぐらいで。風味付けに使われるこのカルダモンの酢を麺やスープにふりかけるとものすごいスッキリした匂いと甘酸っぱい味で、さっぱりと食べることができます。

 

 

 

ブログ記事書いてて気が付きましたが、ここのラーメンは風味を特に大事なコンセプトとして 作られてるのかなぁと感じました。カルダモンやほうじ茶、そしてラム肉。あまり今までのラーメンとは馴染みのない匂いを沢山使っているのにしっかり美味しく、新しい体験まで提供してくれるなんて本当にすごいことです。

 

 

※初回に行った時はラーメンをいただきました。こちらは細めの麺で女性にも馴染みやすいかな。

IMG_3491

 

 

 

 

IMG_3493

 

 

 

 

IMG_3494

 

 

 

 

2014年も色々なところのラーメンを食べていて、結構ブログネタはたまっているんですが、
その中でもMenshoTOKYOのつけ麺は本当にお気に入り。

ラーメンはドンドン進化しているんだなぁと感じられるお店でした。

 

 

 

MENSHO TOKYO

 営業時間
11:00~15:00
17:00~23:00
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

 

 

 


Leave a Reply

  • (will not be published)